てらすの特長

特長

大切な人が亡くなったら、
葬儀をしてお別れをします。

日本ではほぼ全員が
その後火葬されます。

火葬された後の遺骨は、
お墓や納骨堂に納められます。

ここでは「納骨堂てらす」と
一般的なお墓・納骨堂との
違いをご説明いたします。

費用

お墓や納骨堂を選ぶ段階で一番気にされる方が多い点が、やはり費用面での負担です。
納骨堂てらすでは、「合葬納骨プラン」であれば16万5千円のみで、年会費・管理費不要で永代供養が出来ます。
一般的にお墓を新たに購入すると、墓石・永代使用料を含め、150万円以上の費用が掛かると言われています。
納骨堂てらすなら約10分の1の費用で追加費用も掛からないため、金銭的な負担は最小限で済みます。

再会

「納骨堂 てらす」と一般的なお墓や納骨堂との大きな違いの一つとして、故人様の写真が表示出来る、デジタル祭壇が挙げられます。 在りし日の故人様のお姿を前に、お子様・お孫様などご家族で思い出を語りあってください。

会員様にお渡しするカードのQRコードを祭壇に付属するリーダーにかざすだけで故人様のお姿が映し出されます。

お参りをもっと手軽に

屋内

「納骨堂 てらす」は屋内型の納骨堂となりますので、悪天候、猛暑、極寒様々な悪条件下であっても快適にお参りできる施設です。

特に高齢の方、お体の不自由な方には負担も少なく、快適なお参りが可能です。

立地

「納骨堂 てらす」は小規模な施設のため、他の大規模な墓所・霊園と違い、比較的都市部から近い立地にあります。

お盆やお彼岸の混み合う時期に渋滞や事故の危険を冒すことなくお気軽にお参りいただけます。

てらすの目指す
供養のカタチ

現代の日本では、宗教観・死生観も様々に変化し、お葬式・供養を始め人の死に関する儀式や儀礼の形式も変わってきています。

納骨堂 てらすでは宗教との関わり、供養のあり方などは、時代にあわせて形は変わるとしても大切なものだと考えています。

時代に合う供養
新しい生活様式、家族のあり方にあわせた「新しい供養のカタチ」を提案し続けることで、亡くなった方への尊敬や感謝の気持を次の世代に残すことが出来、その結果として、家族や親族など人とのつながりを大切にする、日本人らしい社会を後世に残すことになると願っています。